オフィス家具の相場はどれくらい?

ホームファーニチャーと比べると、オフィス家具というのは価格が圧倒的に高い傾向にあります。どのようなアイテムも決してお手頃といえるような価格ではなく、オフィスチェアひとつでも数万円という物も少なくありません。単純に金額だけ見ていると、果たしてこの金額は適正なのか?と不安になることもあるでしょう。

では、一体それぞれの製品ではどれくらいの価格帯が相場だと言えるのでしょうか?まず、オフィス家具の中で、種類も価格帯も非常に豊富なのがデスクチェアです。新品で、ごく一般的な形状のものですと、花倍価格は平均1万全円前後が相場です。

肘掛がないと少し価格帯は下がり6千円台のものが多く販売されていますが、背もたれの素材や形状などに工夫が凝らされているような高機能タイプの製品や、疲れにくいタイプなどランクの高いチェアとなると価格はぐっと上がり、3万円程度になってきます。海外の高級ブランドの製品や高機能なチェアの場合、さまざまなオプションやギミックが加わり、価格も大きく変わってきます。

当然このような高級品ともなると、高価格となり10万円以上の製品も決して珍しくはありません。人気の海外ブランド製品の上位グレード品ともなると、15万円ほどするものも決して珍しくありません。一方、デスクもオフィスには必要不可欠なアイテムになります。

事務机と呼ばれているようなごく一般的な片袖机の場合は、大手国内メーカー品ですと、15万円前後のものが一般的です、実際のところ、販売価格はその半額程度で流通しているようです。デスクに力を入れているメーカーのデスクや格安メーカーの場合ですと、メーカー希望価格が5万円前後という物もあり、実際の流通ではその半額程度というのが販売価格の相場になります。

このように、オフィス家具といっても、メーカーや製品のグレード、形状や大きさなどによって大きく変わってきます。デザインひとつで価格が大きく変わってくることもあるでしょう。また、スチールデスクなどは価格が下げられて流通していることも少なくないため、同じ製品でも複数の販売店で見積もりを取ってもらう方が良いでしょう。

  souba
top

オフィス家具を選ぶ際の比較すべきポイントは?

オフィス家具を扱うメーカーは非常にたくさんあります。膨大にあるメーカー製品やアイテムの中から、オフィスのイメージに合うベストな製品を選び出すのは素人にとっては、非常に骨の折れる作業です。このようにたくさんある家具の中から、必要なものを選ぶ場合に比較検討するべきポイントには、どのような点があるのでしょうか?まず、比較のポイントとしてあげられるのは、価格帯でしょう。

メーカーによっては、高級路線で販売しているものもありますし、逆に低価格での販売が可能なメーカーもあります。また、同一メーカーの製品でも、グレードによって価格帯が大きく異なる場合もあるため、こういう点についても確認しておいた方がよいでしょう。つぎは、メーカーや、製品の持つイメージです。自社のイメージと合うかどうかや、オフィスに配置した時に違和感がないかなども検討材料にします。ブランドイメージの他にもシリーズによって雰囲気の違うラインがある事もありますので、思い描くオフィス像と照らし合わせながら検討しましょう。

次に検討したいのは、製品の耐久年数や安全性です。デザインやイメージだけではなく、長く安全に使えるかどうかという点でも複数の製品を比べて検討しておくべきだと言えます。高い費用をかけて購入したのに、数年で使用できなくなってしまうようなコストパフォーマンスの低い製品を購入してしまわないよう、ここはしっかりとリサーチしておくべき点だと思います。このように、オフィス家具を選ぶと言っても、1点のみを検討するのではなく、さまざまな視点から比べてみる事が大切になります。

よりイメージに合ったオフィス環境の構築や、スタッフが快適に過ごす空間づくりのためにもここは非常に重要なポイントとなる事でしょう。ちなみに、数多くあるオフィス家具メーカーの製品から、クライアントの希望に合わせて比較検討してくれるというサービスを提供しているような企業もあります。コストや社内のレイアウト、働き方やオフィスのイメージなどに合わせてセレクトしてくれるため、自分自身で選ぶ労力を省くことができます。製品の特徴など知識なども豊富なので、素人が時間をかけて悩むよりも的確なオフィスデザインが可能です。もしも悩んでしまいそうなときは、このようなサービスを利用するのも良いですね。

  hikaku
top

ランク上位のオフィス家具メーカーの特徴とは

オフィス家具メーカーは、国内外で数えきれないほど存在します。その中でも、やはり大手といわれている企業は、売上高でも上位にランクインしています。一体、どのような企業がランキング上位に上っているのでしょうか?株式上場しているメーカーの中で、ランキングの上位に上っているメーカーは、コクヨ、岡村製作所、内田洋行、イトーキなどで、4大メーカーとも言われています。

これらの企業は、総合的にオフィス家具を取り扱っている事や、制作販売を自社内で行っているという共通点があります。各社オフィスソリューションビジネスも行っており、より良いオフィス環境の構築を提案してくれます。これらランキング上位の企業では、近年必要とされる機械の増えてきているICTデザインにも力を入れています。

家具などの提供のみにとどまらず、より効率の良い業務が行えるよう、提案を進めていくのです。驚くべきは、これらの上位企業の中には、アメリカの業界と比較しても引けを取らない企業がランクインしているという点です。売上高は他の業務での収益も含めて。になりますが、コクヨやオカムラはアメリカ企業のヒューマンミラーをも上回る順位になっているのです。

中でもコクヨはアジアと中心とした海外へも事業を展開し、ますますグローバルに活躍しています。海外進出や輸出が難しいと言われた日本の家具業界の中でも目覚ましい活躍だと言えるでしょう。ランキング上位に上る企業には、それ相応の理由があります。企業戦略のみならず、品質やサービスなどいろいろな面で、多くの企業に認められ、必要とされているあかしだとも言っても過言ではないのではないでしょうか。

もちろん、国内にはこれら4大メーカー以外にも、特色あるメーカーが数多く存在します。それぞれのメーカーが、それぞれの強みを持って国内のオフィス家具業界を支えているのです。ランク上位の4大メーカーにとどまらず、オフィス用品や家具を購入する際には一度さまざまなメーカーに目を向けて見てはいかがでしょうか? 深く知れば知る程、オフィス家具に対しての考え方や見え方が変わってくるかも知れません。

  rank
top

大手オフィス家具メーカーが愛され続ける理由は?

大手のオフィス関連製品は、大きく値下げすることが少ないのが一般的です。まとめ買いなどで見積価格を下げてくれる販売店などもあるかとは思いますが、一定価格を下回る価格で販売することはあまりないと言われています。このように決して安いとは言えない価格帯にもかかわらず、オフィス家具メーカーの家具は、多くの人に愛され続けています。

なぜ、ここまで根強い人気があるのでしょうか?もちろん、大企業であることや知名度の高さなどといったメーカーのブランド力が関係していることは間違いないでしょう。しかし、これら企業が支持されるのには他にも理由があるようです。果たしてどのような理由なのでしょうか?最も大きな理由としては『製品の品質が良い』という事ではないでしょうか?当然のことながら、大手家具メーカーで販売されているオフィス家具は製造過程で非常に厳しい品質管理を経て製品として世に出されています。

それぞれが、国際標準の品質管理を元に、高い安全性や品質を保つ製品を提供しているのです。この品質の良さは、そのまま製品の耐久性の良さにもつながってきます。オフィスという場所に於いては、このような家具や什器類は資産と考えられているため減価償却の対象となります。当然ながら、出来るだけ長く使用できるものを購入したいと考えます。このような理由からも、一般企業だけでなく官公庁や大学、病院公共施設などでも多く選ばれているのです。

しかし、それでも売れているのはやはり品質の良さやブランド力によるものだと思います。低価格で購入できる企業が同じ土俵に立ったとしても、そう簡単にはシェアを奪われることはないのです。オフィス家具業界というのは、新規参入が非常に難しい業界だといわれています。大手といわれている各社は長きにわたって、上位をキープし続けており、大きく変動することのない状況が続いています。

もちろん、家具以外にも幅広く事業を行っているため100%がオフィス関連での売り上げというわけではないのですが、それらを全て併せてもここ数年、売上高の順位に変動はないようですね。

  oote
top

オフィス家具を相場よりも安く購入することはできるのか?

大手メーカーから販売されているオフィス家具は、どの製品も比較的高額である場合が多いです。もちろん、企業や官庁などで使用する事を前提として作られているものですので、耐久性や安全性などの品質の関係から高額になることはあります。しかしこのような製品は、販売店が厳密に決められていたり、価格帯もある程度決められていることがほとんどです。

ネットなどで、ざっくりと価格などの検索をしてみても、最新のオフィス家具の販売価格の相場というのは、どの販売店を通してもほぼ同一の価格帯となっていることが多く、安く購入するというのは正直なかなか難しいものがあります。

どこか特定の販売店で購入すれば、激安で手に入るというような事がなく、購入する側としてはある程度メーカーが定めた価格帯で購入するしかないのです。しかし、それでも相場価格よりも安く購入することができる方法があります。企業向けの家具や什器の多くは単品購入ではなく、何台・何脚とまとめて購入することがほとんどです。

販売店としてもそれを前提として販売していることが多いため、まとめて購入する形となる傾向にあります。そこで、利用するべきなのは見積もり相談です。必要となる什器や家具を即決で購入するのではなく、一度見積もりを取ってもらうのです。オフィスのイメージとコスト、必要となる什器などを合わせて見積もりを取ってもらうようにします。

そうすることで、販売店はできる範囲で価格を下げて提案してくれたり、さまざまなサービスを付加するなどをして、販売促進へとつなげる努力をしてくれます。もし、納入予定日まで猶予があるようなら、複数の販売店に合い見積もりを取り、比較して検討することをおすすめします。

こうすることによって、通常ではなかなか値下げが見込めない製品でも、結果として相場価格よりも安く購入できる場合があるからです。高価格なイメージがあるオフィス家具ですが、しっかりと計画的に購入することにより、上手にコストを抑えることも十分可能なのです。

  souba
top

高機能オフィスチェアの選び方

オフィス家具の中でも、椅子は快適さを大きく左右するものの一つではないでしょうか。合わない椅子に長時間座り続けることによって、腰痛を発症してしまう方もいますので、選ぶ際にはさまざまな椅子を比較し、できることなら試座してから購入することでその後の満足度が変わってくるでしょう。

デスクワークの方は特に、身体への負担を緩和するために人間工学に基づいて作られている高機能オフィスチェアを選んでください。では、数多くある高機能チェアを比較する際のポイントはどのようなものがあるのでしょうか。

①座面の奥行き調節機能
深く腰掛けて、足裏全体が床に着くように正しく座るには、この機能が必要不可欠です。 奥行きが浅すぎると負担が大きくなり、深すぎるとむくみの原因になりますので、使用する方の体型に合わせて調整できる機能がついているものを選ぶといいでしょう。

②座面の上下昇降機能
これも正しく座るために必要な機能です。 特に、来客用や会議室用など座る人が不特定のものは、調整幅の大きなものを選ぶといいでしょう。

③ロッキング機能
寄りかかると背もたれが倒れる機能で、自由に身体を動かすことができるので、長時間座っていても疲れにくくなります。 他に、もたれた角度を固定できる機能やもたれる力の強弱を調整できる機能、背もたれと同時に座面も連動して動くシンクロロッキング機能がついているものなどがあります。

④アームレスト
腕を支えるアームレストが付いていることで、パソコン業務の負担が軽減されます。

⑤ヘッドレスト
パソコン業務など後傾姿勢をとられる方、たまにリラックスできる椅子が欲しい方は、可動式のヘッドレストが付いているものを探してみてください。 固定式のものは、使用する方によっては合わないことがあるので、避けた方がいいかもしれません。 また、事務や受付など前傾姿勢で仕事をされる方には不要な場合が多いようです。

他、ランバーサポートという腰の部分を支え、背骨を正しい姿勢に矯正するなどの効果が期待できる機能がありますが、この機能が付いたものは高額なものが多いので、予算に合わせて検討してください。

試座される場合には、実際に仕事をしているときの姿勢で座ってみること(デスクがあれば直いいです)、付いている機能を調整してみて自分に合うかどうかをしっかりと確認することがポイントです。身体にあった椅子を使用することで、集中力が持続し、生産性が上がる効果が期待できるといいます。

機能や座り心地、価格などさまざまな面から椅子を比較、検討し、自分に合った椅子を見つけることができたら、その後のオフィスライフが変わってくるかもしれません。

  hikaku
top

オフィス家具にはそれぞれ製品ランクがあります

オフィス家具を購入する際、なんとなくでも気になるのが製品のランクやグレードでなどではないでしょうか?自分が選んだ製品が、どれくらいの順位なのかというのも、気になる事ってありますよね?一見、同じように見える商品でも、それぞれ品質やグレードが異なります。

また、同じブランドの製品でもそれぞれランクが異なる場合があり、それによって価格が大きく変わってくることもあるため、確認が必要になります。しかし、メーカーの提示する最高ランクの製品が、ランキングで最も選ばれている家具であるとは限りません。

多くの人は、自分たちが必要とする機能を自分たちに見合ったコストの範囲で購入することが多いからです。良いものは最も売れると思われがちですが、そうとは限らないという事でしょう。現在、エルゴノミクスチェアと呼ばれるようなタイプのオフィスチェアが、各メーカーより発売されています。

このようなエルゴノミクスチェアにも、さまざまなグレードが存在します。代表的なアーロンチェアの場合、ランキング上位となっている製品の価格帯としては、中間的な価格の製品になります。要するに、最も高価なものではないという事です。

しかも、なんと約50%の人がその製品を選ぶと言います。必要な装備は充実しているのに、ローコストというコストパフォーマンスの良さが選ばれている理由になります。このように、そのブランドやメーカーの品で、最も高級である品質の良いものが1位に選ばれるとは限りません。高価だからといって、必ずしも高機能で良い製品であるとは限らないという事です。

オフィス家具は、少なくともたくさんの人が使用する可能性のある製品になります。良いものを用意するという事ももちろん大切ではありますが、環境や使用する人に見合った、相応の家具を使用するという事も非常に大切になります。デスクワークの時間が長いスタッフにとっては、高機能なオフィス家具を使う事で疲れを軽減できるかもしれませんが、高級すぎる家具は時に疲労感を生む場合もあるので、その点も確認して選ぶとよいですね。

  rank
top

オフィス家具の大手といえば?

大手のオフィス家具メーカーというと、あなたはどの企業を思い浮かべますか? 国内のメーカーでいえば、文具も扱うコクヨや什器やデスクなどスチール製品で馴染みの深いオカムラ、家庭向けの学習机でも有名なイトーキなどが一般的でしょうか?これらのメーカーであれば、オフィス家具に馴染みのない方にも広く知られているのではないでしょうか?

また、輸入販売なども手掛けるウチダ(内田洋行)や、事務用品なども販売するPLUS(プラス)やLION(ライオン事務機)などのメーカーも、ご存じの方が多いのではないのでしょうか?もちろん、ほかにもまだまだ大手といえる企業はたくさんあります。これらのメーカーは基本的に、特定のオフィス家具だけでなく、総合的に販売を行っている企業になります。

デスクや椅子のみならず、キャビネットやロッカー、パーティションなどのオフィス環境の構築に必要となるさまざまな家具類を取り扱っているのです。また、オフィスに関連するアクセサリーやOA機器、ネットワーク設備なども開発・販売している企業も多く含まれています。

中には、オフィスセキュリティシステムなども併せて提供しているという企業もあるのです。このように、家具だけではなくオフィスに必要とされる物をさまざまな角度から提供しているというのも、一つのおおきなポイントとなっているのかもしれませんね。

これら大手のメーカーの特徴に共通しているのは、生産から販売までを自社ないしはグループ会社内で行っている企業が多いという事です。さらには、オフィス内のデザインやプロデュースなど、オフィスソリューション業務も行っていることも特徴のひとつです。提案次第で、自社のさまざまな製品を、総合的に納入することができる。

というのも一括購入を考える企業にとって、大変ありがたい点だと言えるでしょう。自らの企業内で開発を行い、より良いオフィス環境構築のためにノウハウを提供する。このような総合的な観点が、さまざまな企業に受け入れられることになり、国内外でのシェアを伸ばしているおおきな理由なのだと言えるでしょう。

  oote
top

知っておきたいオフィス家具の相場。最初の内はレンタルが無難

これから自分の事務所を構えようと言う人にとって、「オフィス家具をどう取りそろえるか」というのは一つの課題になります。よく言えば選択する楽しさがありますが、悪く言えば懸案事項です。その選択が職場環境を快適にするかどうかを左右する部分がありますから、オフィスの特徴と費やせる資金とをうまくすり合わせながら、身の丈に合ったものを選んでいく必要があります。

あまり安いものを買ってもすぐに壊れてしまうかもしれませんし、かといって、あまり高いものを買っても高い機能にこちらが振り回されるような結果に終わってしまうかもしれません。しかしながら、購入したことが無い人にとって、オフィス家具というものは未知の領域です。そもそも、

・どのくらいの種類の家具が、どのくらいの量だけ必要になるのか。
・どのくらいの金額が必要になり、信頼できるメーカーはどこになるのか。
・オフィスに置く際の組み立て・設置は自分たちでしなくてはならないのか。

等々、疑問や不安を挙げればキリがありません。やっていけばなれる部分もあるでしょうが。最初に買うオフィス家具、いわば初期設定でボロを出してしまうと、最悪事業がつぶれてしまう可能性もあるかもしれません。家具の良しあしは必ずしも業績に直結しませんが、土台となる環境づくりとして重要であることは考えるまでもありません。

あまり自信がない、もしくは考えたり調べたりしている時間的精神的余裕がない、というのであれば、むしろレンタル業者から借りてみるのが最も無難です。相場としては大体20万円前後くらいで、オフィスに必要な家具をひとしきりそろえてみることができます。

それらを使ってみて、ある程度事業が軌道に乗ってきてから、より質の高い家具に随時切り替えていくというのは賢い選択だと言えます。一度借りてみて、そして後に買ってみて、さらによりよいものに買い替えてみる、という好循環を作ることができると、家具と一緒に事業と自分も成長させていく素晴らしい職場を作ることができるはずです。

  souba
top

購入前にメーカー間の比較をきちんと行うのが大切

一口にオフィス家具と言っても、まず種類がさまざまあり、性能がさまざまあり、メーカーもさまざまです。購入する際にはそれらを比較・吟味しながら自分の好みの、あるいは職場に適した家具を選択するわけですが、その際にメーカー間の比較をきちんと行えているでしょうか?

素人目には同じようなチェア、同じようなデスクに見えたとしても、製造元がどこなのかによって製品の質に違いがあるはずです。全てを綿密に精査していてはキリがないかもしれませんが、職場において核になるような家具に関しては、そこまで吟味してからでないと買ってから後悔をすることになるかもしれません。

単純にメーカーサイトを除いてみても、製造のプロセスやそのノウハウに違いがあるのが判ります。例えば、岡村製作所の製造では、チェアを作るさいに機能面だけではなくて人体の健康まで気を遣って製造していますが、コクヨの方ではむしろ環境面や教育面などの事業に力を入れていることがわかります。

もちろん、これらは良い・悪いの問題ではなくて、企業の方針という問題です。単純に、一方では健康面に配慮して製造しているメーカーがあり、他方では環境面に配慮しているメーカーがあるというだけのことです。ですが、そういった企業倫理や製造の背景などをある程度知っておかなければそれは問題があるます。

普通の人が普通に使うのなら大差はないのかもしれませんが、腰痛の持病を抱えるスタッフがいるにも関わらず、岡村製作所のチェアを購入しないと言うのはもったいない話になるのが判るでしょう。あるいは、イトーキという製造所では製品の修理やメンテナンスも請け負ってくれますが、それをしていない製造メーカーも存在します。そのような場合、家具を酷使する可能性がある職場での購入にはこちらの方が適しているのが判ります。

このように、メーカーの方針によって、「今、職場にほしいオフィス家具」が何なのかをより正確に見定めることができるのです。こう言った視点をしっかりさせておかないと、今度は売却、買い替えの時にまたもったいない買い物をする可能性がありますから、面倒でも一度きちんと調べてみるのが賢明だと言えます。

  hikaku
top