オフィス家具の相場はどれくらい?


ホームファーニチャーと比べると、オフィス家具というのは価格が圧倒的に高い傾向にあります。どのようなアイテムも決してお手頃といえるような価格ではなく、オフィスチェアひとつでも数万円という物も少なくありません。単純に金額だけ見ていると、果たしてこの金額は適正なのか?と不安になることもあるでしょう。

では、一体それぞれの製品ではどれくらいの価格帯が相場だと言えるのでしょうか?まず、オフィス家具の中で、種類も価格帯も非常に豊富なのがデスクチェアです。新品で、ごく一般的な形状のものですと、花倍価格は平均1万全円前後が相場です。

肘掛がないと少し価格帯は下がり6千円台のものが多く販売されていますが、背もたれの素材や形状などに工夫が凝らされているような高機能タイプの製品や、疲れにくいタイプなどランクの高いチェアとなると価格はぐっと上がり、3万円程度になってきます。海外の高級ブランドの製品や高機能なチェアの場合、さまざまなオプションやギミックが加わり、価格も大きく変わってきます。

当然このような高級品ともなると、高価格となり10万円以上の製品も決して珍しくはありません。人気の海外ブランド製品の上位グレード品ともなると、15万円ほどするものも決して珍しくありません。一方、デスクもオフィスには必要不可欠なアイテムになります。

事務机と呼ばれているようなごく一般的な片袖机の場合は、大手国内メーカー品ですと、15万円前後のものが一般的です、実際のところ、販売価格はその半額程度で流通しているようです。デスクに力を入れているメーカーのデスクや格安メーカーの場合ですと、メーカー希望価格が5万円前後という物もあり、実際の流通ではその半額程度というのが販売価格の相場になります。

このように、オフィス家具といっても、メーカーや製品のグレード、形状や大きさなどによって大きく変わってきます。デザインひとつで価格が大きく変わってくることもあるでしょう。また、スチールデスクなどは価格が下げられて流通していることも少なくないため、同じ製品でも複数の販売店で見積もりを取ってもらう方が良いでしょう。

Comments closed