オフィスチェアとデスクの相場価格


まずはチェアとデスクの市場価格を調よう

sample01

オフィス家具の代表といえば、チェアとデスクです。まずはそれがなければ仕事になりません。どの企業もその二点は特に重点を置くのではないでしょう。そこでしりたいのが、この二つの市場価格です。一体いくらぐらいの相場なのか知っておかなければ、購入する時に妥当な価格なのか、高いのか安いのか判断できません。まずはオフィスチェアから見ていきましょう。価格は、新品か中古、あるいはリースやレンタルで変わってきます。一番安いのはレンタルです。ただ、会社を経営していく上で、レンタルは長期的にみてコストがかかるため、購入するに越したことはありません。

どの程度の機能が必要か考える

sample01

では新品の相場価格ですが、これはピンキリです。高いものであれば10万円以上の製品もありますし、安ければ千円台で購入できるものもあります。ただ、価格を決める要素として、二つのことが大きく関わってきます。それは、「チェアの機能」と「オプション」です。チェアの機能とは、座面の奥行きを調節できる機能だったり、チルト機能があります。オプションは、可動肘や、固定肘などです。こうした機能やオプションが付けば、それだけ価格も上がります。一方、オフィスデスクはどうでしょうか。これも、新品や中古で価格は変わってきますし、何より大きさなどもさまざまなので、一概には言えません。ただ、例えば1200×700のサイズであれば、10万円前後を見ておいた方がよいでしょう。中古であれば、それよりも安く購入できます。

中古オフィス家具の価格は上昇している

sample01

しかし最近では、中古のオフィス家具の価格が上昇しております。これは、オフィスの移転や増床が活発になっており、比較的状態の良い家具が市場に出回っていることが理由となっております。かつてよりは価格は高価になることを覚悟しておいたほうがよいでしょう。新品や中古、メーカーなどによって価格がまちまちなので、なかなか相場価格を把握しておくことは難しいです。ただ、最近はインターネットで、安い価格から商品を並べることができたりするので、最低の価格と、最高の価格は確認しておくことができます。予算に合わせて、自分のオフィスに合ったものを購入できるようにしましょう。

Comments closed