ランク上位のオフィス家具メーカーの特徴とは


オフィス家具メーカーは、国内外で数えきれないほど存在します。その中でも、やはり大手といわれている企業は、売上高でも上位にランクインしています。一体、どのような企業がランキング上位に上っているのでしょうか?株式上場しているメーカーの中で、ランキングの上位に上っているメーカーは、コクヨ、岡村製作所、内田洋行、イトーキなどで、4大メーカーとも言われています。

これらの企業は、総合的にオフィス家具を取り扱っている事や、制作販売を自社内で行っているという共通点があります。各社オフィスソリューションビジネスも行っており、より良いオフィス環境の構築を提案してくれます。これらランキング上位の企業では、近年必要とされる機械の増えてきているICTデザインにも力を入れています。

家具などの提供のみにとどまらず、より効率の良い業務が行えるよう、提案を進めていくのです。驚くべきは、これらの上位企業の中には、アメリカの業界と比較しても引けを取らない企業がランクインしているという点です。売上高は他の業務での収益も含めて。になりますが、コクヨやオカムラはアメリカ企業のヒューマンミラーをも上回る順位になっているのです。

中でもコクヨはアジアと中心とした海外へも事業を展開し、ますますグローバルに活躍しています。海外進出や輸出が難しいと言われた日本の家具業界の中でも目覚ましい活躍だと言えるでしょう。ランキング上位に上る企業には、それ相応の理由があります。企業戦略のみならず、品質やサービスなどいろいろな面で、多くの企業に認められ、必要とされているあかしだとも言っても過言ではないのではないでしょうか。

もちろん、国内にはこれら4大メーカー以外にも、特色あるメーカーが数多く存在します。それぞれのメーカーが、それぞれの強みを持って国内のオフィス家具業界を支えているのです。ランク上位の4大メーカーにとどまらず、オフィス用品や家具を購入する際には一度さまざまなメーカーに目を向けて見てはいかがでしょうか? 深く知れば知る程、オフィス家具に対しての考え方や見え方が変わってくるかも知れません。

Comments closed