オフィス家具にはそれぞれ製品ランクがあります


オフィス家具を購入する際、なんとなくでも気になるのが製品のランクやグレードでなどではないでしょうか?自分が選んだ製品が、どれくらいの順位なのかというのも、気になる事ってありますよね?一見、同じように見える商品でも、それぞれ品質やグレードが異なります。

また、同じブランドの製品でもそれぞれランクが異なる場合があり、それによって価格が大きく変わってくることもあるため、確認が必要になります。しかし、メーカーの提示する最高ランクの製品が、ランキングで最も選ばれている家具であるとは限りません。

多くの人は、自分たちが必要とする機能を自分たちに見合ったコストの範囲で購入することが多いからです。良いものは最も売れると思われがちですが、そうとは限らないという事でしょう。現在、エルゴノミクスチェアと呼ばれるようなタイプのオフィスチェアが、各メーカーより発売されています。

このようなエルゴノミクスチェアにも、さまざまなグレードが存在します。代表的なアーロンチェアの場合、ランキング上位となっている製品の価格帯としては、中間的な価格の製品になります。要するに、最も高価なものではないという事です。

しかも、なんと約50%の人がその製品を選ぶと言います。必要な装備は充実しているのに、ローコストというコストパフォーマンスの良さが選ばれている理由になります。このように、そのブランドやメーカーの品で、最も高級である品質の良いものが1位に選ばれるとは限りません。高価だからといって、必ずしも高機能で良い製品であるとは限らないという事です。

オフィス家具は、少なくともたくさんの人が使用する可能性のある製品になります。良いものを用意するという事ももちろん大切ではありますが、環境や使用する人に見合った、相応の家具を使用するという事も非常に大切になります。デスクワークの時間が長いスタッフにとっては、高機能なオフィス家具を使う事で疲れを軽減できるかもしれませんが、高級すぎる家具は時に疲労感を生む場合もあるので、その点も確認して選ぶとよいですね。

Comments closed