オフィス家具のブランド、人気ランクをチェックしてみよう


国内、国外、オフィス家具を扱ったメーカーは星の数ほどあるため、一体どこのメーカーの製品を選んだらよいのか目移りしてしまいます。何を基準にして選ぶか、明確な視点を持っている方は少ないと思います。そこで、売れ筋のランクをチェックしてみると、ほかの会社やオフィスワーカーがどのブランドのものを購入しているかが分かります。

ここでは人気のブランドのいくつかをご紹介し、その魅力について分析してみましょう。まず、もっとも多く支持されているブランドはコクヨと言ってよいでしょう。コクヨが支持されている理由は多くあると思いますが、何と言ってもその知名度が圧倒的です。

広告戦略によって、誰もがその名前を知るようになりましたし、実際に販売する商品も品質が高いため、購入したあとも満足度が非常に高いブランドです。新しいブランドながら、起業家やSOHOの人々に支持されているブランドもご紹介しましょう。それは1999年に誕生した「ガラージ」です。

ガラージの特徴は「新しい仕事場」を特徴にした、組み立て式家具や雑貨家具です。日本の多くのオフィスはスチール家具や単色でまとめられていて、どちらかというと無味乾燥なイメージがありますが、ガラージがプロデュースするオフィスはカラフルでポップな印象があります。ランクの最後にご紹介するブランドは老舗の内田洋行です。

内田洋行と聞くと、なんだか人の名前のように思うかもしれませんが、「洋行」は人の名前ではなく、中国語で「貿易商」を意味します。商品を単体で売るというよりは、オフィスの総合プロデュースを強みとしており、ネットワーク構築から防災設備、ビジネスソリューションなどの提供も手がけており、日本の多くの大企業からも信頼を得ている企業です。

いかがだったでしょうか?知名度、独自性、老舗とそれぞれのジャンルで、間違いのないブランドをご紹介いたしました。御社のビジネス戦略や企業方針に合わせて、企業価値を最大限に向上させてくれるブランドを選ぶようにしましょう。

Comments closed