ランキングに惑わされない


今の時代はどんなものにもランク付けされてしまうものですが、それはオフィス家具に関しても例外ではありません。ネットでランキングを探せばすぐに見つけることはできますが、実際のところランキング上位だからといって、自分の会社の必要としている製品なのかどうかはわからないものです。

オフィス設備がいいのかどうかは値段、使い勝手の良さ、使用されている素材の良さや触り心地など様々な要素が含まれます。また有名メーカーのものだからといってすべての人にフィットするとは限らないのです。

仕事の特性や椅子やデスクに関しては腰痛や肩こりなどの持病があるかどうかによっても使用感は変わってきますし、体形や身長などによってもデスクの高さ、ロッカーやそれ以外の設備の使い勝手が変わります。

そのため値段が安くても使い勝手がいいと感じるものもあれば、奮発したのにあまり満足できないものもあるのです。ですから、ランキングを見るだけではわからないこともあるのです。家具に順位をつけるとすれば、絶対的に変化がないのが使用されている素材のランクではないでしょうか。例えば重役室などに使用される、チェアーやソファーは革張りなことが有りますが、合皮のものなのか、それとも本皮を使用しているのかでも高級感は変わってきます。

同じようにデスクに関してもすぐに傷がついてしまいそうな素材のものを使用しているのか、それとも高級素材を使っているのかなどでも値段はもちろん使用心地にも変化があるでしょう。このように実際に使い心地や機能性は使用して初めて分かることですので、絶対的なランクをつけるのは難しいですが、それでも大抵のランキングには購入者の感想や使用心地などの口コミが書かれている場合がほとんどです。

実際使用した人の感想が一番購入の際に助けとなるので、単に順位に注目するのではなく、口コミを含め構造や素材についての商品説明を読んで認識することで、よい商品に出会えるでしょう。

Comments closed