国内オフィス家具メーカーのトップは?

日本にもオフィス家具を扱うメーカーが多数存在しますが、その中で一体どの企業がトップとなるのでしょうか?収益を計上した年度にもよるでしょうが、コンスタントにランク上位に名を連ねる「勝ち組」というのはこの業界にも存在します。以下、代表的なメーカーをいくつか紹介します。

コクヨオフィス家具よりも文房具のメーカーとして著名なこちらのメーカー。オフィス家具では、通販サイトの「カウネット」が有名で、こちらでかなりの収益を上げています。基本的に、オフィス家具全般を幅広く取り扱っており、コスパと機能性が両立された汎用度の高い製品を作り続けています。

岡村製作所主にオフィス家具を扱う専門業者で、どちらかと言えばIT関連の業者に対して強いシェアを持つメーカーです。岡村の場合、製造だけではなくて施工や流通と言った分野でも事業活動を行っているのが、この業績につながっていると言えます。代表的な製品として、アーロンチェアの「コンテッサ」が挙げられます。

内田洋行オフィス家具業界以外にも教育・学習支援の分野にも進出しており、事業活動の幅広さはこの中でもかなり広い方になります。研究費にかなりの額を投資するなど技術開発に対して非常に熱心であり、OA機器や通信回線販売業界などにも進出しています。イトーキ単なるオフィス家具の製造だけではなく、設備機器や内装インテリアの工事にも携わっているメーカーです。

基本的に、自社の製品に対して修理・メンテナンスをサービスの一環として行っており、研究にも非常に熱心です。それ以外にも多くのメーカーが存在しますが、単純な利益だけで見た時には、この4企業が頭抜けています。だからと言ってこれらの製品だけが良い製品と言うことにはなりませんし、ここに名前がなくとも有名なメーカーも存在します(例えば、イナバ製作所など)。

オフィス家具を購入する前の予備知識として、これらの世評は知っておく必要があるでしょう。中には業界に縁がないと知らないような会社もありますから、購入前に少し覚えておくだけでも、買い替え時の売却などで得することができるかもしれません。

  rank
top

アーロンチェアの大手と言えばここ!

アーロンチェアは、オフィス家具の中でも代表的なものの一つになります。肘掛けがつき、背もたれがスプリングで適度に傾斜するその椅子を知らない人(というか座ったことが無い人)はいないでしょう。これを見ると、椅子にもたれてコーヒーを飲みながらパソコンをいじる、と言ったステレオタイプなイメージをする人も多いはず。

ここでは、そんなアーロンチェアの大手メーカーを・製品をいくつかご紹介します。ハーマンミラーアーロンチェアの代名詞的存在のアメリカのメーカー。製作デザインのコンセプトとして「好奇心」と「探求心」を挙げているように、老舗ではありながら、その製造は常に革新的で、野心的です。

多くのハーマンミラー自身が多くのデザイナーとコラボレーションしてきたという事実からも見られるように、個性的なデザインを志向しつつも決して多様性や協調性を失わない、優れた製品を作るためのノウハウがしっかりしているメーカーです。

個性的というのはともすればエゴに陥る可能性もあるわけですが、ハーマンミラー自身が「デザイン=問題の解決策」としているように、オフィスにとっての優れた家具とは?という問いに対して真摯に取り組み続ける名門中の名門です。エルゴヒューマンメーカー名であり、同時に代表的な製品の名前でもあるこちら。

「腰への負担をいかに減らすか」というコンセプトのもとに製造されたアーロンチェアは、製造に2年を費やしたまさに力作。腰部にあたる素材へのこだわり、人間工学に裏付けられた高い機能性は、オフィスワーカーにとってのまさに頼もしい相方です。

コンテッサオカムラ製作所で製造されたアーロンチェアで、イタリアの名門デザイン会社とのコラボによって生み出された美しいシルエットはもとより、その座り心地や機能性にも高いものを誇ります。

バロンこちらもオカムラ製作所で制作されたアーロンチェアで、メッシュシートを素材にもちいた、コンテッサよりもシンプルでフレキシブルなタイプのものになります。カラーリングが豊富で、その数じつに12色と、選択の幅が広いのも購入側からすれば嬉しい所です。

  oote
top

オフィス家具を揃えるにはどのくらいかかるのか?その相場を知っておこう

起業するにあたって、あるいは事務所を開くにあたって、予算を立てることは大変重要です。資金が潤沢にあると思っていても、いろいろと揃えているとあっという間に資金は尽きてしまいますし、将来起きるかもしれないトラブルに備えて十分資金を蓄えておくことも大変重要です。

予算を立てるにあたっては、オフィス家具の大体の相場を知っておくことは大きな助けになるでしょう。相場を知るにあたって、オフィス家具を揃えるにはどんな方法があるのかをご説明します。資金が潤沢にあるなら、一番良いのは新品の購入です。それだけ長く使用することができますし、気持ちも新たに起業、開業することができます。

しかし、少しでもコストを抑えたいと思うなら、リサイクル品や中古品の購入という選択肢もあります。実際、リサイクルや中古と名のつくものでも、ほとんど使用されていないものも出回っており、時間をかけて探せば良い物が見つかるはずです。そして、最後に購入は避けたいというのであれば、レンタルという方法もあります。

さて、以上の選択肢に基づいて、デスクを揃えるとしたら相場はそのくらいになるでしょう。新品購入の場合は8,000-8,0000円程度、中古であれば3,000-25,000円程度、リースであれば月額300-700円程度と見積もっておけばよいでしょう。

チェアはどうでしょうか?通常の事務椅子を新品で購入するとしたら3,000-30,000円、高機能なブランドチェアなら70,000-500,000円、中古であれば1,000-10,000円程度、リースであれば月額200-500円というところでしょう。

顧客接待のためには応接セットが必要になりますが、新品で購入するとすれば、100,000-300,000円程度、中古であれば、15,000-150,000円程度になります。リースであれば、月額5,000円程度で済みます。あくまでも目安ですから、参考程度にしていただければと思いますが、重要なことはただ購入時に財布から出て行く金銭だけに目を留めるのではなく、長い期間使って壊れたり、修理が必要になったりすれば、それもコストに含まれるという視点です。

良いものは結局お買い得、ということもありますから、慎重に検討なさることをおすすめします。

  souba
top

オフィス家具を比較するにあたって知っておきたいこと

オフィス家具は毎日使うものであり、毎日目にするものです。それだけに作業効率に大きな影響を与えます。できるだけリーズナブルで、かつ使いやすいものを選びたいと誰もが思っていることでしょう。焦ってただ安いものだけを求めると、結局買い直すことになって逆にコストがかかってしまいますから、慎重に選びたいものです。

その際、重要なポイントは、前もって比較することが大変重要になります。では、一体何をどのように比較したら良いのでしょうか。比べるにあたって知っておきたいことをご説明しましょう。まずオフィス家具を比べる大前提として自分たちがどれだけのものを必要としているのか、その範囲を確定しておく必要があります。

おもに必要なものはデスク、チェア、収納のためのキャビネット、応接セット、金庫、ミーティングテーブル、パーティション、ロッカーといった感じでしょうか。どんなに小さな事務所であっても最低限、これらのものは必要になります。その上で比較をしていきますが、注目する要素はいくつかあります。何と言っても重視すべきなのはコストです。

しかし、このコストをどう見るかが大事です。安い家具を買うことだけが「低コスト」というわけではありません。長期的な視点に経って、コストを計算し、どうしたら会社の価値を高められるだろうかという観点で見るようにしましょう。比べる対象としては新品の購入、中古やリサイクル品の購入、レンタルという3つがあると思います。

どの選択肢が自社にとってもっともコストの削減になるのかはオフィスの大きさや業態、今後の経営状態によって異なってくるでしょう。コスト以外にも比べる際に重視したいポイントがあります。それはデザインです。たとえば、Googleは世界中にオフィスがありますが、1つとして同じオフィスはありません。

それぞれが独特のデザインでレイアウトされており、イマジネーションを膨らませることができる家具が設置されています。そこまではできないとしても、家具のデザインは会社のイメージや社員のモチベーションとも大きく関係していることを忘れないようにしましょう。

  hikaku
top

オフィス家具のブランド、人気ランクをチェックしてみよう

国内、国外、オフィス家具を扱ったメーカーは星の数ほどあるため、一体どこのメーカーの製品を選んだらよいのか目移りしてしまいます。何を基準にして選ぶか、明確な視点を持っている方は少ないと思います。そこで、売れ筋のランクをチェックしてみると、ほかの会社やオフィスワーカーがどのブランドのものを購入しているかが分かります。

ここでは人気のブランドのいくつかをご紹介し、その魅力について分析してみましょう。まず、もっとも多く支持されているブランドはコクヨと言ってよいでしょう。コクヨが支持されている理由は多くあると思いますが、何と言ってもその知名度が圧倒的です。

広告戦略によって、誰もがその名前を知るようになりましたし、実際に販売する商品も品質が高いため、購入したあとも満足度が非常に高いブランドです。新しいブランドながら、起業家やSOHOの人々に支持されているブランドもご紹介しましょう。それは1999年に誕生した「ガラージ」です。

ガラージの特徴は「新しい仕事場」を特徴にした、組み立て式家具や雑貨家具です。日本の多くのオフィスはスチール家具や単色でまとめられていて、どちらかというと無味乾燥なイメージがありますが、ガラージがプロデュースするオフィスはカラフルでポップな印象があります。ランクの最後にご紹介するブランドは老舗の内田洋行です。

内田洋行と聞くと、なんだか人の名前のように思うかもしれませんが、「洋行」は人の名前ではなく、中国語で「貿易商」を意味します。商品を単体で売るというよりは、オフィスの総合プロデュースを強みとしており、ネットワーク構築から防災設備、ビジネスソリューションなどの提供も手がけており、日本の多くの大企業からも信頼を得ている企業です。

いかがだったでしょうか?知名度、独自性、老舗とそれぞれのジャンルで、間違いのないブランドをご紹介いたしました。御社のビジネス戦略や企業方針に合わせて、企業価値を最大限に向上させてくれるブランドを選ぶようにしましょう。

  rank
top

オフィス家具大手メーカーに迫る!

オフィス家具を購入するにあたって、大手のメーカーのものを選ぶ方も多いと思います。確かに大手のメーカーはそれだけの売上やシェアがあるということですから、多くのオフィスワーカーに支持されている証、その品質も間違いないものと判断して良いでしょう。

ただ、一口に大手といってもいくつかのメーカーがあるため、その中からさらにどのブランドを選べば良いのか迷ってしまいます。そこで、ここでは国内の主なメーカーをいくつかご紹介しましょう。まず、誰がも知っているメーカー、それがコクヨでしょう。

ブランドメッセージは「ひらめき はかどり ここちよさ」で、それが製品開発のコンセプトにもなっています。コクヨの椅子は座りやすいことで多くのオフィスワーカーによって使用されています。その理由は個人の背骨の形状や体形にフィットし、フレキシブルに調整できる設計です。2番目にご紹介するメーカーはイトーキです。

「ITOKI」というロゴは誰もがどこかで見かけたことがあるのではないかと思います。もともとは文具も扱っていましたが、いまではスチール家具や事務用品が中心で、まさにオフィス用品を扱うプロフェッショナル集団と言って良いでしょう。

イトーキの使い人の立場になって設計された椅子は、デザイン的にも高い評価を受け、2007年にグッドデザイン金賞を受賞しました。単に家具を提供するだけでなく、オフィス探しからレイアウトの設計、購入した家具を設置するところまでワンストップのサービスを提供してくれるのもイトーキの特色の1つです。

オフィス用品を扱う超老舗として知られるのはライオン事務機です。その歴史はなんと1792年にまでさかのぼります。もちろん、その当時はオフィス製品を扱っていたわけではありませんが、大阪にあった筆墨商「今津屋」がこのメーカーの由来だと言われています。ライオン事務機の有名な製品は「i-Beetle」というオフィスチェアです。

この製品の特徴はショルダーサポートで、背もたれが肩甲骨を支えてくれるので、やさしく包み込まれるような安心感があります。以上、国内の主要なメーカーをご紹介しました。家具選びの参考にしていただけたら幸いです。

  oote
top

値段の相場は変化する

何かを購入するときにどんなときでも大事な決め手の一つになるのが金額です。値段に相応した質なのか、この金額は妥当なのかどうかを考慮して納得したうえで購入を決定します。オフィス家具に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。

しかし洋服にも新品かどうか、流行のものなのか、一点ものかどうかなどで値段に大きな幅が出るように、オフィス設備に関してもその用途や素材の質など様々な要素によって、値段の相場に大きな幅ができてしまいます。そこでまずはどんな物、また何のために、そしてどういった機能のものを買いたいのかを考えてみましょう。

従業員や社員のためのデスクで、それほど快適さを求めないというなら事務机などの簡素なものでもいいかもしれませんが、仕事内容がデスクワークが長時間続くものであるのであれば機能性だけではなく、体にフィットするかどうか疲れにくいかなどの点も考える必要があります。

特にオフィスワークの際には椅子の違いによって体の疲れ具合も変わってきます。そして何よりも値段の桁が違ってくるのが重役用の家具でしょう。高級感ともに使いやすさも重視しなければいけないのです。

ですので、まずは椅子であるのであれば目的、用途に合わせて検索を変えてみましょう。デザイン性も重視したいのか、腰痛対策が必要なのか、それともかなりシンプルなものでも構わないのかを決めたあとに、自分でこの椅子にはこれくらい払ってもいいだろうという相場を設定し、検索の際に条件に記入してみます。すると予算内で購入することができる商品が列挙されます。もしも自分がほしい商品がないという場合には、残念ながら料金設定を上げる必要があるのです。

毎日使うものだからこそ、経営者も従業員もできるだけストレスのない職場にすることは、いい雰囲気作りに大事になってきます。少し時間をかけて調べることで満足できるオフィス家具を、手軽な値段で購入できたら、満足することができます。

  souba
top

比べることで良い製品に出会う

オフィスづくりのために機能的、また快適な空間を作り出すことは大事になってきます。手軽にネットや通販などでオフィス家具を購入できる時代になりました。しかしこの手軽さにはデメリットもあり、自分で実際に目で見て、手で触るということができないがゆえに購入してみたらサイズが違った、色が思っていたのと異なる、全然座り心地が良くないなどといった、購入時との印象と実際に届いたときに感覚が異なるという事です。

せっかくお金を出したのに気に入らなければ、買い換えたり使わなくなったりするので結局お金も時間も労力も無駄になってしまうこともありえます。やはりこの問題の原因となるのは、他の商品と比較をできないことにあるのではないでしょうか。

よくスーパーマーケットなどで両手に同じ商品だけど、値段が違うものを見比べてどっちを購入しようかと悩んでいる人を見かけること、もしくは私たち自身もするかもしれません。急いでいたりして値段だけ見て安い方をかごに入れて購入し、かえってよく見たら傷みかけている果物を購入してしまったなんていうこともあるのです。

しかしオフィス家具に関してこの比べるという行為ができないため、購入に関しては慎重になる必要があるのです。そんな悩みを少しだけ緩和してくれるのが商品別でランキングやクチコミ情報、スペック検索など詳細情報を元にして比較してくれるサイトを利用してみましょう。

単に商品だけではなく制作会社など、発注業者を比べて詳細情報をいくらか得ることができるため、やみくもに気に入ったものを購入してあとで後悔することを避ける助けになりますね。会社におくオフィス家具は、働く人たちにとっても会社に訪問する人たちにとってもおおきな影響があるものです。

イメージの良い内装やデザインだと、それだけで仕事に対するやる気も出ますし、それに合わせて使いやすい、居心地がいいなどの機能性も加われば生産率も効率もUPすること間違い無しです。

  hikaku
top

ランキングに惑わされない

今の時代はどんなものにもランク付けされてしまうものですが、それはオフィス家具に関しても例外ではありません。ネットでランキングを探せばすぐに見つけることはできますが、実際のところランキング上位だからといって、自分の会社の必要としている製品なのかどうかはわからないものです。

オフィス設備がいいのかどうかは値段、使い勝手の良さ、使用されている素材の良さや触り心地など様々な要素が含まれます。また有名メーカーのものだからといってすべての人にフィットするとは限らないのです。

仕事の特性や椅子やデスクに関しては腰痛や肩こりなどの持病があるかどうかによっても使用感は変わってきますし、体形や身長などによってもデスクの高さ、ロッカーやそれ以外の設備の使い勝手が変わります。

そのため値段が安くても使い勝手がいいと感じるものもあれば、奮発したのにあまり満足できないものもあるのです。ですから、ランキングを見るだけではわからないこともあるのです。家具に順位をつけるとすれば、絶対的に変化がないのが使用されている素材のランクではないでしょうか。例えば重役室などに使用される、チェアーやソファーは革張りなことが有りますが、合皮のものなのか、それとも本皮を使用しているのかでも高級感は変わってきます。

同じようにデスクに関してもすぐに傷がついてしまいそうな素材のものを使用しているのか、それとも高級素材を使っているのかなどでも値段はもちろん使用心地にも変化があるでしょう。このように実際に使い心地や機能性は使用して初めて分かることですので、絶対的なランクをつけるのは難しいですが、それでも大抵のランキングには購入者の感想や使用心地などの口コミが書かれている場合がほとんどです。

実際使用した人の感想が一番購入の際に助けとなるので、単に順位に注目するのではなく、口コミを含め構造や素材についての商品説明を読んで認識することで、よい商品に出会えるでしょう。

  rank
top

人気である理由を知る

人によって買ってよかったと思うものは違ってきますが、それでもより多くの人が満足している商品は購入意欲をわかせるものです。そこで買ってよかったと思わせる人気のオフィス家具をチェックして見るなら、自分の会社にも取り入れる事ができるかもしれません。

人気が高い製品の一つにコクヨが題しているホワイトボード、「ピタポ」というものがあります。これは吸着シートタイプのもので壁やガラスなど、平坦な場所ならどこにでも貼ることができるのです。ホワイトボードは会議などの話し合いの場において、考えをまとめるため、またその場にいる全員がおなじスピードで進行を理解するためには必須のアイテムとなります。

しかし通常のホワイトボードは大きく場所も取りますし、壁に設置してあるものなどは移動もできません。また数グループが同じ時間帯にミーティングしたいときに、会議室が開いていないということも有ります。

しかし、思いついたらその場で話し合うことができるため、時間の無駄なく仕事を進めていくことに役立つようです。そして仕事で毎日使うものといえばオフィスチェアじゃないでしょうか。椅子一つで疲れを感じたり、腰が痛くなったりしてしまうものですが、オフィス家具の大手の一つと言っても過言ではない岡村製作所が販売している。「Contessa」や「Baron」という椅子は、多くの企業で愛用されています。

快適なすわり心地だったり、座面の高さとリクライニングを簡単に調節でき、長時間同じ姿勢でも快適だということが人気の理由の一つのようです。オフィス家具も山程ありますが、他の会社などが使用しているデスクやチェアーなども実際に見ることができますし、また使用させてもらって使い心地などを試させてもらったりできるかもしれません。ネットに載っている情報がすべて信じられるというわけではありませんが、設備購入に際しては何かしらのイメージを持つためのアドバイスとして役立つことでしょう。

  oote
top