アーロンチェアの大手と言えばここ!


アーロンチェアは、オフィス家具の中でも代表的なものの一つになります。肘掛けがつき、背もたれがスプリングで適度に傾斜するその椅子を知らない人(というか座ったことが無い人)はいないでしょう。これを見ると、椅子にもたれてコーヒーを飲みながらパソコンをいじる、と言ったステレオタイプなイメージをする人も多いはず。

ここでは、そんなアーロンチェアの大手メーカーを・製品をいくつかご紹介します。ハーマンミラーアーロンチェアの代名詞的存在のアメリカのメーカー。製作デザインのコンセプトとして「好奇心」と「探求心」を挙げているように、老舗ではありながら、その製造は常に革新的で、野心的です。

多くのハーマンミラー自身が多くのデザイナーとコラボレーションしてきたという事実からも見られるように、個性的なデザインを志向しつつも決して多様性や協調性を失わない、優れた製品を作るためのノウハウがしっかりしているメーカーです。

個性的というのはともすればエゴに陥る可能性もあるわけですが、ハーマンミラー自身が「デザイン=問題の解決策」としているように、オフィスにとっての優れた家具とは?という問いに対して真摯に取り組み続ける名門中の名門です。エルゴヒューマンメーカー名であり、同時に代表的な製品の名前でもあるこちら。

「腰への負担をいかに減らすか」というコンセプトのもとに製造されたアーロンチェアは、製造に2年を費やしたまさに力作。腰部にあたる素材へのこだわり、人間工学に裏付けられた高い機能性は、オフィスワーカーにとってのまさに頼もしい相方です。

コンテッサオカムラ製作所で製造されたアーロンチェアで、イタリアの名門デザイン会社とのコラボによって生み出された美しいシルエットはもとより、その座り心地や機能性にも高いものを誇ります。

バロンこちらもオカムラ製作所で制作されたアーロンチェアで、メッシュシートを素材にもちいた、コンテッサよりもシンプルでフレキシブルなタイプのものになります。カラーリングが豊富で、その数じつに12色と、選択の幅が広いのも購入側からすれば嬉しい所です。

Comments closed