主要メーカー比較


三つの主要家具メーカーを比較

家具メーカ―

日本にはいくつかのオフィス家具のメーカーが存在しておりますが、今回はその中の三つの主要メーカーを比較してみたいと思います。
その三者とは、「コクヨ」「岡村製作所」「ITOKI」です。まずは「コクヨ」から見てみましょう。日本最大の文具・事務用品メーカーとなっておりますが、オフィス家具も同じぐらいメインとなって製造しております。「クリエイティブ」という言葉を大切としており、モノづくりや働き方の提案を通して、多くの人のクリエイティブを多発させていこうと考えております。
シンプルでモダンなデザインの製品が多いのが特徴であり、どんなオフィスでも合わせやすいものとなっております。また「PUNTO」という独自のオフィスチェアが有名であり、高いデザイン性と座り心地の良さをウリにしております。

岡村製作所のものづくり

岡村製作所の家具

次に「岡村製作所」です。誰もが心地よくいられる空間づくりを意識し、製品作りに励んでおります。
特にソリューション型のオフィス造りを提供しており、いかに働きやすい場所をつくるのか、ということに焦点をあてて、多くの企業に貢献しております。例えば、空間を有効に活用する方法、快適で安全なオフィスづくり、またオフィスの生産性をあげるために、どういった改装や移転をすればよいのか、企業と共に考えているのです。最後に「ITOKI」です。こちらもソリューション型のオフィスづくりをモットーとしており、「ICT」「ECO」「FM」という三つの視点から、最適なオフィス環境を目指しております。
例えば、企業の個人情報のリスクの管理としてネットワークを構築しやすい環境を整えたり、環境貢献のために、低炭素な素材を利用したり、といった工夫を凝らしているのです。経営視点に立って、運営から管理までトータルで考えて、企業にさまざまな家具を提案しております。

自分に合った家具会社を選ぶのがポイント

家具企業

企業ごとに、目指しているところ、そしてどのようにオフィスに貢献していくのか、という理念があります。
製品も、そのコンセプトに沿って造られており、それぞれの企業の想いが形となって表れております。
どの企業の製品を利用するのかは、それぞれの会社の特徴を見極めて、自分の会社の価値観と近いものを選ぶのがよいかもしれません。

Comments closed